膝痛が起きる本当の理由!!

「膝痛」で困ってる皆さんや、膝を痛めた経験があり、整形外科等の標準治療を受けた方々に質問です!

あなたのお医者様に、「何故、私の膝は痛いのですか?」という単純明快な質問をなさった事はありますか…?

なさった方は、納得のいく答えがドクター👨🏼‍⚕️から帰ってきましたか?

よくあるお話しは、レントゲン写真等を見て、
「うーむ、ここの軟骨がすり減っててね〜」
「使いすぎですね〜」
「歩きすぎ、走りすぎ」
「老化ですね〜」
「ここの半月板が…。」
「ここの靭帯が…。」

とか言う、わかるような、わからないような?お決まりのお言葉では⁉️

じゃあ、「どういう事が原因」で、軟骨が擦り減ったり、半月板や靭帯に問題が、起きたのですか?

と、もう一度聞いてみてください。

おそらく、その理由を明確にお答えくださるドクターは、非常に少ないと思われます。

確かに、今の医学は、検査機器が発達して、患部を、より細かく見る事ができます。

しかし、その膝の症状が、何故起きたのか? という「因果関係」に関して的確な答えは返ってきそうで返ってきません。

ここで大事な事は、膝痛の原因は、膝にあるのか? それとも違う所が原因なのか?です…。

膝痛の真の原因」は、人が二本足で立つ為のバランサーである骨盤に支障が起き、

その骨盤に直結している股関節が捻れ(これは正常時で捻れはない)

その大腿骨(太もも)の末端である膝関節が捻れ(これは正常時で捻れはない)

膝関節に常に負担がかかり、膝の症状が出現します。

骨盤に異常が起き、太ももが、外股になると、

膝関節も、それに連動して捻れが起きます。

骨盤に異常が起き、太ももが、内股になると、

膝関節も、それに連動して捻れが起きます。

そこで、膝関節は当たり前の関節の位置関係ではなくなり、痛みや損傷を起こします。

さて何が言いたいのか?

膝の問題は、膝が原因ではなく、膝に「結果」として問題が起きている…。という事です!!

だから、膝を治療しても、また、その関節をオペなどで「強固」にしても原因の骨盤を治さなければ、また、「同じ事を繰り返す」という事です。もしくは、強固になった膝に症状が出なくなっても、その応力は、「上の股関節や下の足関節等に波及し、違う所に問題が起きる」という事です。

膝痛で、どこに行っても、なかなか治らない方、是非、当院にいらしてください‼️

*次回は、膝に水が溜まる理由と、それに対する自宅でできる対処法です。

関連記事

  1. 「治る!! 」とは、何か?

  2. 膝痛って、なぜ起きるの〜⁉️

  3. 五十肩は、肩を治療しても治らない!!

  4. いまだに、腰痛の原因が「反り腰」っておっしゃる方々の時代遅れ…

  5. 「ルルドの水」ならぬ「グロウの水」(^_^)!!

  6. 本日から、本格的にブログスタートしました!